『浄化槽を活用した汚水処理事業―人口減社会に対応した生活排水対策―』
新発売

現在の汚水処理事業の課題を挙げつつ,公的関与・民間セクター活用の両面から浄化槽普及の可能性に触れるとともに,財政指標やコスト比較からみた浄化槽事業の優位性,将来の汚水処理事業のあり方などについて,専門家による解説をまとめています。自治体関係者に,汚水処理事業見直しの参考書として最適です。
e


「まん延防止等重点措置」は解除されましたが

 新型コロナウイルス感染症についての「まん延防止等重点措置」は全国的に解除されております。しかしながら,弊社におきましては,引き続き感染予防の観点等から,職員の出勤時間の短縮・リモートワーク等を実施しております。不在等でお電話がつながらない場合には,お手間をかけ誠に恐縮ではございますが,留守電へのメッセージ録音や電子メール・FAXでの用件送信などをお願い申し上げる次第です。

5月号は札幌での降水の定点観測や投稿論文などを掲載しています

 いわゆるDXが進むことで,向こう5年くらいで世界の光景が一変するといわれています。変革の1つに,「農産物は工場で生産される」ようになる事もあるようですが,千葉大学の中野明正氏らによる,そういった植物工場の水質管理の論文が5月号に掲載されています。福島大学の原田茂樹氏は,3月号に続いて石炭火力発電所からの廃棄物の有効利用に関する論文を投稿されています。
 ライバル他誌なのですが,「月刊コア」に連載されている水関連の中堅研究者のインタビューが20人分集まったので,インタビュー集の3回目が発行され,弊誌に案内を載せました(下記,目次参照)。本インタビュー集を御希望の方は,弊社までメールにて御連絡お願い致します。

弊社ホームページの不調による御不便をお詫びします

 書籍・雑誌や在庫切れの雑誌バックナンバーのコピーの御注文は,下記アドレスまで,「希望書籍(雑誌)名」「お名前・御住所・御所属」など必要事項を記載したメールにてお知らせいただけますと幸いでございます。
 スマホでお問合わせの場合には,返信メールは弊社PCから送信しますので,PCメールの受信拒否の設定を外していただきますよう,お願い致します。

  
net_hanbai「at」youhaisui.com
 *「at」は @ (半角アットマーク)に読み替えてください。

 御不便をおかけしますこと,お詫び申し上げます。









第64巻 5月号
【Vol.64 No.5】
定価 1,600円(税込)


区 分 論文名 所 属 執筆者
今月の話題 環境科学分野で鉱山植生の研究に携わって 筑波大学生命環境系 教授 山路 恵子
解説 降水の水質汚染調査からみた降水による大気成分の浄化特性
―札幌市降水の30年間の水質推移―
北海道科学大学名誉教授 農博  渡辺 紀元
解説 東京都立川市の根川緑道とガニガラ広場の水環境保全
―高度処理水を活用した武蔵野の自然環境の再現―
環境工学研究所所長
環境計量士 環境カウンセラー(事業者)
星山 貫一
報文
(査読付き論文)
養液栽培用防藻資材の評価法の開発とその適用事例 千葉大学学術研究・イノベーション推進機構
/大学院園芸学研究科特任教授 博士(農学)
中野 明正ほか
技術報告
(査読付き論文)
採石空隙貯留充塡物としてのクリンカアッシュからの重金属
溶出特性とそのモデル化
福島大学農学群食農学類生産環境学コース 工博 原田 茂樹
書籍紹介 上下水道・水環境の中堅研究者の今の“思い”を1冊に
―インタビュー集「次代を担う衛生・環境工学者 その3」刊行―
編 集 室
【連 載】
SDGsで環境を考えると
第2回
水温変化と生き物
特定非営利活動法人 環境生態工学研究所副理事長
/東北工業大学教授
山田 一裕
【連 載】
用廃水豆知識
第500回
温暖化による昆虫の食欲増進を原因とする作物収穫高への影響
特定非営利活動法人 バイオエコ技術研究所 理事長 稲森 悠平




用水と廃水ホームページ 
http://www.youhaisui.com/
Copyright © 2004 株式会社産業用水調査会
The Industrial Water Institute