『浄化槽を活用した汚水処理事業―人口減社会に対応した生活排水対策―』
新発売

現在の汚水処理事業の課題を挙げつつ,公的関与・民間セクター活用の両面から浄化槽普及の可能性に触れるとともに,財政指標やコスト比較からみた浄化槽事業の優位性,将来の汚水処理事業のあり方などについて,専門家による解説をまとめています。自治体関係者に,汚水処理事業見直しの参考書として最適です。
e

 <お知らせ>
   新型コロナウイルス感染症予防に関して緊急事態宣言が政府から発出さ
  れております。弊社においても,テレワーク等により社員一同の会社への
  出勤を最小限にとどめることとしております。今後の事態の推移によって
  は,一時的に休業状態とする可能性もございます。弊社へのお電話やメー
  ルへの対応が遅くなると思われますが,御了承の程,お願い申し上げます。


 <お詫び>
  4月号の「情報」欄に掲載されたイベント等は,新型コロナウイルス感染
 症対策から軒並み中止や延期等となるものが出ています。主催者ホームペー
 ジ等で御確認いただきますよう,お願い申し上げます。


ウイルス除菌にはアルコール消毒より塩素消毒の方が有効

 ㈱メルス技研の関 秀行氏は,プールや温浴施設の消毒設備の権威の方ですが,今号において,厚生労働省等推奨のウイルス対策の“不備”に大変お怒りです。私たち上下水道・水処理関係者には縁の深い「塩素消毒」が,新型ウイルスであっても除菌・予防に最適であることを,「提言」として取りまとめています。テレ朝の玉川さん,注目ですよ!
 今号のメインは,「持続可能な生活排水処理システムの課題と展望」と題した特集です。とりわけ,地方自治体の担当職員によるいくつかの報告は,日本の未来を真剣に考えていく上での土台となる内容となっています。

2019年10月の消費税率改定に伴い,販売価格が変更となります

 2019年10月1日からの消費税率改定に伴い,『用水と廃水』および弊社刊行書籍の価格が変更となります。御了承の程,よろしくお願い申し上げます
・年間購読料(2019年(61巻)10月号以降に購読開始):19,200円(税込,送料含む)
・1冊販売価格(2019年(61巻)10月号以降)
  特集号:1,900円(本体1,727円),通常号:1,600円(本体1,454円)
  (本年9月号以前の号を10月1日以降にお買い求めになる場合には,新しい
    消費税率を適用いたしますので,雑誌に記載の価格とは異なります)
・書籍:本体価格は現行通りで変更ございません。税率のみ変更となります。

弊社ホームページの不調による御不便をお詫びします

 書籍・雑誌や在庫切れの雑誌バックナンバーのコピーの御注文は,下記アドレスまで,「希望書籍(雑誌)名」「お名前・御住所・御所属」など必要事項を記載したメールにてお知らせいただけますと幸いでございます。
 スマホでお問合わせの場合には,返信メールは弊社PCから送信しますので,PCメールの受信拒否の設定を外していただきますよう,お願い致します。

  
net_hanbai「at」youhaisui.com
 *「at」は @ (半角アットマーク)に読み替えてください。

 御不便をおかけしますこと,お詫び申し上げます。









第62巻 4月号
【Vol.62 No.4】
特別定価 1,900円(税込)


区 分 論文名 所 属 執筆者
今月の話題 生物応答試験に関する雑感 愛媛大学大学院農学研究科 教授 鑪迫 典久
解説 由緒ある地域の豊かな自然環境を活用した都心の再開発
―「東京ガーデンテラス紀尾井町」の環境保全と緑の空間―
環境工学研究所所長
環境計量士 環境カウンセラー(事業者)
星山 貫一
提言 塩素処理による新型コロナウイルス「COVID−19」の不活性化 ㈱メルス技研代表取締役
((公社)日本水道協会特別会員)
関  秀行
      特集/持続可能な生活排水処理システムの課題と展望
特集論文 持続可能な生活排水処理システムのあり方 常葉大学名誉教授 小川  浩
特集論文 浄化槽法改正と今後の新たな展開 環境省環境再生・資源循環局
廃棄物適正処理推進課浄化槽推進室長
松田 尚之
特集論文 循環型社会構築のための農業集落排水資源の再生利用 農林水産省農村振興局整備部地域整備課 清野 哲生
特集論文 省エネルギー・節水を考慮した生活排水処理システム 国土交通省国土技術政策総合研究所
住宅研究部部長 博士(学術)
山海 敏弘
特集論文 秋田県における持続可能な生活排水処理事業の取組み 秋田県建設部下水道マネジメント推進課 佐々木 寿一
特集論文 シビル・ミニマムと社会情勢に対応した富士市の浄化槽行政 富士市上下水道部生活排水対策課 石川 浩之
特集論文 パブリック・インボルブメント手法による汚水処理基本構想の見直し 紫波町役場建設部下水道課整備促進室 松岡 好和
【連 載】
ドクターすどうの
環境ってなんだろう
第172回 ホッキョクグマは重要な生きものなの? 特定非営利活動法人 環境生態工学研究所
理事長
須藤 隆一
【連 載】
用廃水豆知識
第475回 地球温暖化に対する正反対の論点 (公財)国際科学振興財団
バイオエコ技術開発研究所長兼主席研究員
稲森 悠平




用水と廃水ホームページ 
http://www.youhaisui.com/
Copyright © 2004 株式会社産業用水調査会
The Industrial Water Institute