『浄化槽を活用した汚水処理事業―人口減社会に対応した生活排水対策―』
新発売

現在の汚水処理事業の課題を挙げつつ,公的関与・民間セクター活用の両面から浄化槽普及の可能性に触れるとともに,財政指標やコスト比較からみた浄化槽事業の優位性,将来の汚水処理事業のあり方などについて,専門家による解説をまとめています。自治体関係者に,汚水処理事業見直しの参考書として最適です。
e


コロナ禍が続いています

 新型コロナウイルス感染症については,またもや感染者が激増しております。弊社におきましては,引き続き感染予防の観点等から,職員の出勤時間の短縮・リモートワーク等を実施しております。不在等でお電話がつながらない場合には,お手間をかけ誠に恐縮ではございますが,留守電へのメッセージ録音や電子メール・FAXでの用件送信などをお願い申し上げる次第です。

8月号は汚水処理の省エネ・SDGsに貢献し得る「嫌気性の水処理」の大特集です

 東北大学工学部の李 玉友教授は,今や,嫌気性の水処理技術の分野の“世界的権威”の研究者です。8月号は,その李 教授の企画立案による「嫌気性水処理技術の新たな展開」の特集号です。嫌気性処理の歴史は古く,汚水処理の主流が好気性処理になっても,窒素・リン等の栄養塩除去や汚泥処理の用途に適用されてきました。それが,ここへきて,CO2排出量を減らせる処理技術として,改めて主役になり得るのではと注目されています。本特集では,UASB,嫌気性MBR,アナモックスなどについて,実施設での事例等について取りまとめています。「温故知新」の精神で,技術的な新規さはないとされているものでも,脱炭素化の流れに合わせアップデートしていけば大いに活用できることがわかる,論文だけで60ページ以上の大特集号です。

弊社ホームページの不調による御不便をお詫びします

 書籍・雑誌や在庫切れの雑誌バックナンバーのコピーの御注文は,下記アドレスまで,「希望書籍(雑誌)名」「お名前・御住所・御所属」など必要事項を記載したメールにてお知らせいただけますと幸いでございます。
 スマホでお問合わせの場合には,返信メールは弊社PCから送信しますので,PCメールの受信拒否の設定を外していただきますよう,お願い致します。

  
net_hanbai「at」youhaisui.com
 *「at」は @ (半角アットマーク)に読み替えてください。

 御不便をおかけしますこと,お詫び申し上げます。









第64巻 7月号
【Vol.64 No.8】
特別定価 1,900円(税込)


区 分 論文名 所 属 執筆者
今月の話題 健やかな水循環と水環境を目指して 中央大学研究開発機構 機構教授 古米 弘明
解説 阿蘇熔岩の浸食によって形成された神秘的で幽玄な峡谷
―日本建国に携わった神々が宿る神話の宝庫・高千穂峡
環境工学研究所所長
環境計量士 環境カウンセラー(事業者)
星山 貫一
        特集/嫌気性水処理技術の新たな展開 
特集論文 脱炭素型嫌気性生物処理技術の発展と課題 東北大学大学院環境科学研究科先端環境創成学専攻 哈  俊彤
李  玉友ほか
特集論文 大型パイロットスケール嫌気性MBRによる生活排水のメタン
発酵処理
東北大学大学院工学研究科土木工学専攻 王  添頡
李  玉友ほか
特集論文 高濃度硫酸塩を含有するエタノール/酢酸排水の長期UASB
処理におけるメタン生成と硫酸塩還元の競合優位性の変化
(国研)国立環境研究所 資源循環領域 呉   江
小林 拓朗ほか
特集論文 電子産業排水に対する常温メタン発酵処理適用への展望 徳山工業高等専門学校土木建築工学科 博士(工学)
(国研)国立環境研究所 地域環境保全領域/東京大学大学院
段下 剛志
珠坪 一晃ほか
特集論文 槽外型嫌気性MBRプロセスの高濃度有機排水処理への適用 栗田工業(株) 小松 和也
特集論文 嫌気性アンモニア酸化法による管理型最終処分場の浸出水
処理
水ing(株) 研究開発センター 高橋 惇太ほか
特集論文 固定床型アナモックスプロセスによる汚泥処理返流水の
高効率窒素除去
(株)タクマ 水処理技術部 高木 啓太
特集論文 メタン発酵導入によるごみ処理の低炭素化システム開発 (株)クボタ 水環境研究開発第一部 田中 恒久ほか
【連 載】
SDGsで環境を考えると
第5回 タバコと環境問題 特定非営利活動法人 環境生態工学研究所副理事長
/東北工業大学教授
山田 一裕
【連 載】
用廃水豆知識
第503回
下水道老朽化対策としての非開削方式管渠更生技術
特定非営利活動法人 バイオエコ技術研究所 理事長 稲森 悠平




用水と廃水ホームページ 
http://www.youhaisui.com/
Copyright © 2004 株式会社産業用水調査会
The Industrial Water Institute