カラー図説 排水処理の生物相診断
 株式会社 西原環境 著 
 
本体価格 4,500円 A5判 上製本 95頁 (第1版2刷発行 2014年5月29日)

目次詳細

はじめに

1.生物相診断の意義

2.生物相診断の概要
 2.1 活性汚泥法における有機物除去
 2.2 細菌類による有機物除去のメカニズム
 2.3 フロック状態と生物相の遷移
 2.4 有機物負荷状態による5つのグループ
 
3.生物相の観察方法
 3.1 サンプリング採取位置と取り扱い
 3.2 顕微鏡観察方法
 3.3 生物量の把握方法
 
4.生物相写真
 4.1 ばっ気槽の有機物負荷状態と指標生物
    T群:非常に負荷が高い状態で出現する生物
    U群:負荷が高い状態で出現する生物
    V群:負荷が高い状態から良くなる時/負荷が低い状態から良くなる時
    W群:処理が良好な状態で出現する生物
    X群:負荷が低い状態/汚泥滞留時間が長い状態で出現する生物
 4.2 ばっ気槽のトラブル現象時の指標生物
    Aグループ:酸素不足が進行している状態で出現する生物
    Bグループ:死水域が存在する状態で出現する生物
    Cグループ:汚泥が膨化する原因となる糸状性細菌
    Dグループ:発泡の原因となる生物

参考文献

索 引